(266)モスラの仁義(3)

 今や日本国中、「イスラム国」に拉致され、殺されかけている日本人2人の身の安全を心配しています。まともなイスラム教徒には迷惑でしょうが、ヤクザ・暴力団よりもっと卑劣ですね。水滸伝の梁山泊に立てこもったのは、泥棒たち。世が乱れ、貧困にあえぐとこういう人たちが出てくるのは、世の常のようです。

 でも、かなり狂ってますね。日本は240億円中東の人々のために支援するというのに、身代金を240億円よこせとは、仁も義もない正にただの泥棒。貧困にあえいでも、ここまで来ると、この狂気は救いようがないのでは?

 ヨーロッパで差別を受けたイスラム教徒が中核のようですが、彼らは、ヨーロッパにいて、ヨーロッパの近代文明、民主主義や合理的科学主義を学ばず、突っ張って7世紀のイスラム教への回帰とうぬぼれ、自大主義に陥っているのではないかと思います。西欧・アメリカを嫉むのみで。こんな根性では、差別されても仕方ないのでは。人間として立派に生きようとしてないのですから。絶望を希望に変える生き方をすれば、人種や民族に関わらず、尊敬されるはずです。

 めちゃくちゃやってる中国人に似てますね。彼らも、自大主義、うぬぼれが強いです。我も。すべて、悪いことは他人のせいにしますから。

 こういう人たち、どうすれば救えるのか?アラーの神は救いたくないでしょうね。(続く)
[PR]
by araeshuzo | 2015-01-24 02:43

 それに対して「ターミネーター(終わらせる者)」では、キリスト教の最後の審判の呪縛から逃れられていない。物語や映画製作で文化的背景が根強く反映されるものなのですね。黙示録の世界の終焉が訪れても、未来から来たロボットとまだ戦っています。一神教には無理があります。唯一絶対の神。だから、啓蒙思想の時代になると、「神は死んだ」と唱える人も出てくる。日本では、神(自然や祖霊)が死ぬことはありえない。ビッグバンで太陽系や銀河系がすっ飛んだとしても、また宇宙の再生は行われるのだから、受け入れてしまう。

 仏教は、バラモン教から発生し、ヒンズー教の中に埋没していきました、インドでは。ブラフマー(創造神)ビシュヌ神(維持の神)そしてシバ神(破壊の神)は、ヒンズー教の神々の中で根幹となる神様ですが、創造・維持・破壊と自然界や宇宙の変化を表しています。お釈迦様も移ろい行くもの(変化)は止められないと説いております。そして、破壊の後も何かがやってくる、つまり創造が。永遠の循環を説いていらっしゃる。アジアの古代の宗教者は物理学的観察者なんですね。

 ダーウィンの進化論はかつてアメリカで抑圧されていました(1960年代まで学校で教えられること禁止)一神教というのは、イスラム教でも教祖の教えを絶対的なものと拘束するから、その教えには矛盾が生じ、軋轢や抗争、抑圧が伴います。天動説を唱えたガリレオを裁いて、ローマ教皇庁は最近やっと「あれは、当時の裁判官が誤っていたのだ。」と無罪にしました。でも、まだダーウィンの進化論を認めていません。認めれば、聖書がフィクションであることが判明してしまうからです。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教そのものも危うくなります。

 同じエホバの神を崇めるこの3宗教どうしで殺し合う歴史が長く続いてきました。「イスラム国」による戦争とテロ事件。かれらが、自然の中に解放されないと、いつまでも続くのかも。素直になりゃーいいのに。(続く)
[PR]
by araeshuzo | 2015-01-22 08:30

(264)モスラの仁義

 ここのところ、高倉 健さん主演の映画ばかりでなく、怪獣映画も見ています。レンタルショップに行って、「ゴジラ」や「モスラ」のDVDを見て、懐かしくなりました。数本借りて、みてみると私が小学生の頃の車や町並み、俳優、装束などなど、「3丁目の夕日」より昭和30年代を回顧させるものがあります。

 第1作目のゴジラ、音楽といい、あの不気味さといい迫力ありますね。水爆実験で目覚めた放射能を帯びた怪獣ということもあって、人類の文明と愚かさへの警鐘とも取れます。メッセージ性ありますね。「大魔神」もそうです。酷使される領民の惨状に耐え切れず、追われた旧領主の若き清らかね姫君の身を挺しての涙に、大魔神が怒り、欲深い新領主を退治するというストーリーですが、これにも自然への畏敬の念を忘れるなというメッセージが感じられますね。

 それに対して、「ターミネーター」のような映画では、(続く)
[PR]
by araeshuzo | 2015-01-21 02:46

2015年新年のご挨拶

 明けまして、おめでとうございます。皆様、におかれましては、良き新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 私のブログ記事を読んで下さっている方々に、深く感謝申し上げます。

 今年は、どのようなものをどれくらい書けるか分かりませんが、引退前で多忙な中、精一杯努めますのでよろしくお願いします。
[PR]
by araeshuzo | 2015-01-02 01:27